身長を伸ばす方法|小学生男子の悩み解決

身長を伸ばす方法|小学生男子の悩み解決

身長を伸ばす方法!小学生男子の悩み

小学生男子の身長を伸ばす方法。

 

お子様にはのびのびと元気に育ってほしい。
勉強にもスポーツにも前向きにチャレンジしてほしい。
成長期だからできる事、成長期にしかできない事を通して大きく育ってほしい。
親の願いはいつの時代も変わりません。

 

成長期に発達するのは、勉学、精神面、肉体的ものと沢山あります。

 

親が子供に提供できるものには幾つもありますが肉体的な成長に関してお伝えいたします。
特に小学生男子身長を伸ばす方法についてお話をいたします。

 

皆様がご存知の通り成長期の小学生男子の身長はどんどん大きくなります。

しかし、その身長の伸びる量には大きな差が生まれます。
この身長の差はその後の子どもの人生に大きな影響を与えます。
著しい成長不足の子どもはトラウマとして人生に影を落としてしまうかもしれません。
親としては、何とか避けたい事態です。

 

身長差は一般には遺伝によるものがあるといわれています。
親が小さいのだから子供が小さいのは当たり前だと考えてしまいがちです。
しかし、日本人の平均身長はここ数十年で著しく伸びています。

 

これは、身長差が遺伝だけで決まっている訳ではないという証拠でもあります。
では、身長差がなぜ生まれるのか?
大きな理由の一つに栄養素不足というものがあげられます。
栄養不足で身長が伸びない??
「家では毎日牛乳を飲ませているわ。牛乳にはカルシウムがたくさん含まれているの」
そう答える方が多いのではないでしょうか?
確かに牛乳にはカルシウムがたくさん含まれています。
牛乳を飲ませるのは子供の成長にプラスです。

 

しかし、小学生男子の身長を伸ばす方法としては三角です。

 

実は、カルシウムをそれだけ摂取しても成長時のサポートには不十分なのです。

 

カルシウムを体に定着させるためにはビタミンDも一緒に摂取しなくてはなりません。
さらに、伸び盛りには欠かせない大切な栄養素があります。
それが「アルギニン」です。

 

アルギニンとはアミノ酸の一種です。
たんぱく質を作る成分であり、私たちの体内でも合成される「非必須アミノ酸」の一つとされています。

 

アルギニンは脳下垂体から分泌される成長ホルモンの合成を促します。

 

成長ホルモンは成長期の子供では骨や筋肉の成長を助けます。

 

それは小学生男子の身長が伸びることに直結します。

 

 

体の中で合成されるのなら接種は必要ない?
いいえ違います。
成長過程の子供の体内では合成速度が遅いため、成長期に必要とされるアルギニンは体内で合成される分だけでは不十分なのです。
アルギニンは食品から摂取する必要があるのです。

 

アルギニンは鶏肉、大豆、エビ、マグロなどに多く含まれています。
一日に必要なアルギニンを食品から摂取しようとするとおおよそこのような量になります。
鶏肉だと160gから330g以上
エビだと100gから210g以上
大豆加工品の高野豆腐だと50gから100g以上
なかなか大変ですね

 

私たちは「カルシウム、ビタミン、アルギニン」をたっぷりと含んだ「贅沢のびるんるん」をおすすめしています。
贅沢のびるんるんは小学生男子身長を伸ばす栄養素がたっぷりと含まれています。

 

大切なお子様の食べるものだからこそ安心安全には最大限の考慮をしています。
骨の成長に必要なカルシウムには北海道、または青森産の国産原料ホタテカルシウムを使用しています。

 

一日に必要なアルギニンをギューッと凝縮し、おいしく食べられるココア味に仕上げました。
アレルギー物質である特定原材料27品目を使用しないアレルギーフリー処方です。
健康にのびのび育ってほしいというお母さん、お父さんの思いをサポートします。

 

「贅沢のびるんるん」の開発者は子供をもつ一人の母親でもあります。
わが子の健やかな成長と未来を願って開発された成長応援食品です。

 

子供の未来を願う多くの方に、身長の悩みを抱える小学生男子に、満足して頂ける事を確信しています。

 


ホーム RSS購読